鳥取の野鳥 2

オジロワシ White-tailed Eagle

オジロワシ White-tailed Eagle

♂80cm ♀94cm 大きなワシ

トラツグミ Scaly Thrush 30cm

トラツグミ Scaly Thrush 30cm

その鳴き声は映画やドラマで、暗い森の中のシーンなどでよく使われている。鳴き声とは打って変わりその採食時のトラダンスはユニークだ

キビタキ Narcissus Flycatcher

キビタキ Narcissus Flycatcher

14cm 夏鳥で明るい林を好みその鳴き声はとても美しい。関東のJRホームのスピーカーから流れる鳥の声がキビタキだ(視覚障害者のためのもの)ちなみに関西方面はコマドリである

ミソサザイの親子 Winter Wren

ミソサザイの親子 Winter Wren

溝に住む些細な生き物、ミソサザイ。11cmとちいさな体だがそのさえずりは大きく渓谷にこだまする。一番高いところにいるのが親♂、左の二羽は幼鳥、巣立ちはしたが親に餌をもらいながら成長するふっくらとして可愛い。

カワセミ Common Kingfisher

カワセミ Common Kingfisher

カワセミ科 17cm。青い宝石のように美しい。日の当たり方でその体はエメラルドグリーンにも見える。飛ぶときにぴーぴーと鳴くので居場所がわかる。この個体は嘴が上下とも黒いので♂。♀は下がオレンジ色。春の求愛給餌の観察はユニークで飽きない。

Japanese Robin コマドリ 14cm ヒタキ科

Japanese Robin コマドリ 14cm ヒタキ科

2018.4.15撮影、春の渡り時、1,2週間で当地通過する。その時を狙って撮影。暗い笹藪が大好きでなかなか明るいところに出てこない。

Red-Romped Swallow コシアカツバメ 19cm ツバメ科

Red-Romped Swallow コシアカツバメ 19cm ツバメ科

2018.5.31撮影 西日本に多く渡来する夏鳥。腰が赤いのでコシアカツバメ。双眼鏡でのぞくとまず目に入るのは、腰の赤さよりも顔胸腹の黒い縦斑だ。

Common Stonechat ノビタキ 13cm ヒタキ科

Common Stonechat ノビタキ 13cm ヒタキ科

2018.4.17撮影 春の渡りで、夏羽のノビタキと出会えたのはこの時がはじめて。秋の渡りではこんなに黒くないので全く別の鳥に見える。

Common Stonechat ノビタキ 13cm ヒタキ科

Common Stonechat ノビタキ 13cm ヒタキ科

2018.4.17撮影正面から1枚、夏になると頸から胸にかけてもっとオレンジ色が濃くなるようだ。

コアジサシ カモメ科 28cm

コアジサシ カモメ科 28cm

夏鳥として河口にやってくる。その飛行はツバメのようでスピード感がある。ホバリングをしたり、くるくるときりもみをして海水にダイブ。獲物を捕る姿は美しい。

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

ダイブしてちいさな魚をくわえている。このあと雌にプレゼントに行くのだ。

クロツグミ Japanese Thrush

クロツグミ Japanese Thrush

ヒタキ科 22cm. 夏鳥 キョロンキョロンと可愛い鳴き声だ。嘴と足、アイリングが黄色い。

メボソムシクイ Japanese Leaf Warbler

メボソムシクイ Japanese Leaf Warbler

ムシクイ科13cm。 夏鳥で樹林を移動しながら虫を食べる。なかなかその姿をカメラでとらえるのは難しい子だ。

Long-tailed Tit エナガ 13cm エナガ科

Long-tailed Tit エナガ 13cm エナガ科

その体形が柄長杓子のような形から名前がついたそうだ。体長13cmだが尾羽が長く約半分は尾の長さ。だから実際に見るとその体はとても小さい。北海道にいるシマエナガはすっかり有名になったがこの子も相当可愛い!!

Long-tailed Tit

Long-tailed Tit

エナガ 13cm エナガ科

Oriental Greenfinch カワラヒワ 14.5cm アトリ

Oriental Greenfinch カワラヒワ 14.5cm アトリ

2018.10.16撮影 群れで行動をする。飛ぶときの翼はとても美しい。わりと何処にでもいる見つけやすい子。

Rustic Bunting  カシラダカ

Rustic Bunting カシラダカ

ホオジロ科 15cm。冬の畑に群れでいることが多い。

Common Stonechat ノビタキ 13cm ヒタキ科

Common Stonechat ノビタキ 13cm ヒタキ科

秋の渡りのノビタキ。1,2週間で通り過ぎる。

ミヤマホオジロ♂

ミヤマホオジロ♂

冬に草むらで小さな声で「ちょっちょっ」と鳴く。地に降りて採食している。ZOROのような黒いアイマスクがかっこいい。

Falcate Duck ヨシガモ 46-54cm カモ科

Falcate Duck ヨシガモ 46-54cm カモ科

2016.12.19 カモの中でも抜群に美しい鳥だ。その頭の格好からナポレオンハットとも呼ばれる。

Japanese Pygmy Woodpecker コゲラ 15cm

Japanese Pygmy Woodpecker コゲラ 15cm

キツツキ科 ちいさなキツツキ、側頭に赤い羽が見えるのは♂。

Japanese Accentor カヤクグリ 14cm イワヒバリ科

Japanese Accentor カヤクグリ 14cm イワヒバリ科

2018.11.27撮影、初めて全身撮ることができた。地味だが美しい。

Rosy Finch ハギマシコ 16cm アトリ科

Rosy Finch ハギマシコ 16cm アトリ科

2018.11.15撮影 年に一度出会えればラッキー、前年は一度も会う事がなかった。群れでいることが多いと図鑑にあるがこの時は、たった1羽でいた。数日後同じ場所でやはりこの個体と思われる1羽と出会うことができた。しばらくの間撮影できて幸運だった。

Rosy Finch ハギマシコ 16cm アトリ科

Rosy Finch ハギマシコ 16cm アトリ科

2018.11.15撮影

Varied Tit ヤマガラ 14cmシジュウカラ科

Varied Tit ヤマガラ 14cmシジュウカラ科

当地では冬になると家のまわりでもよく観察ができる…「ツーツーピー ツーツーピー」と繰り返し鳴く。エゴノキの実が大好きでサクランボのようにくわえて、枝にとまり上手に両足で押さえて実をついばむ。

Common Reed Bunting オオジュリン 16cm ホオジロ

Common Reed Bunting オオジュリン 16cm ホオジロ

オオジュリン 16cm ホオジロ科。当地では冬鳥として越冬する。葦原で「ちゅりーん ちゅりーん」と聞こえたらオオジュリンだ。アシの茎を嘴で裂いて虫を獲る。この個体はかなり夏羽ぽく変化している。けっこう神経質で人気を感じるとすぐに飛んで逃げる。

アカゲラ キツツキ科 24cm

アカゲラ キツツキ科 24cm

肩羽に大きな逆ハの字の白斑がある。後頭に赤い斑があるので♂。

Long-tailed Rosefinch ベニマシコ♂ 15cm

Long-tailed Rosefinch ベニマシコ♂ 15cm

アトリ科 冬鳥 マシコとは猿の子という意味、理由がわかる。

Long-tailed Rosefinch ベニマシコ♀ 15cm

Long-tailed Rosefinch ベニマシコ♀ 15cm

アトリ科。こちらは♀少し染み目だが可愛い目をしている。秋から春先まで楽しませてもらう。オスはその名の通りお猿さんのように赤い顔をしている。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
コアジサシ

ダイブしてちいさな魚をくわえている。このあと雌にプレゼントに行くのだ。